逆転サヨナラ負け

おはようございます。


先月末から慌ただしく過ごしていまして、少し更新が空いてしまいました。


6月っていう月は各種団体の総会なんかがあったり、行事ごとも多い
月なんですが、いきなり第1週から予定ビッシリでしたね(><)

取引先の所長さんとのゴルフも1度あり、水~木曜日にはライオンズクラブの
旅行で日光へ。これがなんとバス旅行で、さすがに2日連続で8時間超の
乗車はしんどかったですね。。。(^ ^;


会合もやけに集中してホントに慌ただしかった先週のハイライトは土曜日、
次男坊の高校総体、富山第一との決勝戦。

準決勝では昨年の王者、高岡第一を破っての決勝進出だったんです。

春季大会とは比較にならないほどに短期間にチームとしての進化を感じ
させてくれていた今総体での戦いぶりだったので、我々保護者たちも優勝を
信じて疑わなかったのですが終了間際、ラストプレーで逆転トライを許し、
17-19で惜しくも準優勝に・・・。


試合後、監督さんの話が終わり、円陣が解けるとよっぽど悔しかったのか、
いつもは必ず仲間の輪の中にいる次男坊がみんなから離れて独り、グランドを
眺めたり、寝転がったり。

1souk.jpg

帰りのクルマの中ではもうだいぶ落ち着いて、冷静に試合を振り返ったり
してましたけどね。昨年大ケガしたときの相手が富山第一高校だったりって
因縁もあり、次男坊的にはいろいろ想うところがあったみたい。


ま、本番は秋の花園予選です。

負けた試合から得るモノは多いはず。

この後の北信越総体やセブンズ全国大会、菅平合宿でさらにパワーアップ
してくれることを祈りながら応援したいと思います。

2souk.jpg


ちなみに・・・


自分が高校生のとき、ちょうどこの3年生の総体の準決勝で砺波高校に負けて
引退したんですよね。当時の学校のルールで3年生は総体が最後だったんです。


これもまた逆転サヨナラ負けみたいな試合で、今でも鮮明に覚えています。

当時最強を誇っていた砺波高校を相手に、15-13で逃げ切れるかと思った
終盤に痛恨のミスがあり、正面からPGを決められてノーサイド。

15-16だったんですよね。なんか似てるな~と思って。。。



その試合の映像が、ジャミジャミですが奇跡的に残ってます。
↓↓↓↓↓
1984年6月10日 富山県高校総体ラグビー準決勝 高岡南高校vs砺波高校


いつ見ても悔しいですけどね(笑)



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する