良かった~(^ ^)

こんにちは。


今日はネットで嬉しいニュースを発見しました。

膵臓ガンで余命わずかと言われてた大好きなギタリスト、ウィルコ・ジョンソンの
病気がガンではなかったらしいんですね。

gosin.jpg

末期の膵臓ガンで余命数か月と自ら公表してからもうやがて2年近くになるはずで、
大好きなミュージシャンが1人亡くなる覚悟をしていました。

でも、日本でライヴやってみたり、なかなか死なないな・・・とは思ってたんです。

最近はThe Whoのロジャー・ダルトリーとアルバムを作ったりもしてましたしね、
命のある限り精一杯音楽をやろうっていう姿勢が凄かったですね。

自分がそうなった時に、こんな風に生きれるのかな・・・?って。。。


自分と同じように、末期の膵臓ガンだと言ってる割りにはなんで死なないんだ?
・・・って疑問を持った外科医のファンが誤診を発見したんだとか(^ ^)

詳細は下に貼ったリンクをご覧ください!


自分が好きなミュージシャン達はもう歳も歳なんでだんだん少なくなっていきます。

大大大好きなストーンズも、いつまでストーンズとして活動できるのかわかった
もんじゃありませんしね。

ウィルコは大の親日家。まだ生でウィルコを観てないんですが、これでもしかしたら
ウィルコのライヴを観れるチャンスが来るかもしれません♪

とにかく良かったです!


ウィルコ・ジョンソンを救ったのは外科医のファン
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する