ナリタブライアン

こんばんわ。

今日、「ナリタブライアン記念館、閉館」というニュースを目にしました。

昔、競馬に一生懸命になってた頃を思い出しました。

ちょうどナリタブライアンが現役の頃なんですよね。

当時、スポーツ新聞の競馬の記事は欠かさず読んで、競馬専門の週刊誌を
定期購読してました(笑)

競馬は「ブラッドスポーツ」と言われます。
サラブレッドって、お父さんの特徴を受け継ぐんですよね。
例えば長距離レースに強いとか、雨の日のぬかるんだ馬場に強いとか・・・。
とにかく全部オスの血を引くんです。

母方の血も、母の父・・・って具合に全部オスの血。それを上手く配合して生産するんです。
母親の評価は現役時代の戦績よりも、父親の血を子に上手く反映できるかどうか
というのが優れた肌馬(母親)か、否かという判断になるんですよね。

あの頃は友達のお父さんの名前は知らないのに、馬のお父さんの名前は知ってました(笑)

ナリタブライアンの父親は大種牡馬ブライアンズタイム。
恐らく、ブライアンズタイム産駒の最高傑作でしょうね。

絶頂期はとにかく憎らしいほどの強さでしたよ。負けるわけが無いって感じ。

最期は3000Mクラスのレースやら、1200Mのレースやらとメチャクチャな
使われ方をして、なんだか可愛そうな感じでしたけどね。

でも、1競走馬のために記念館があったなんて凄いことです。
自分は存在を知らなかったんですけどね。

当時、ナリタブライアンから買うと安いんで、あんまり買わなかった記憶があります。
「もう絶対にナリタブライアンしかない!」というレースでも、ナリタブライアン絡みの
馬券を買うのはロマンのかけらも無いと思ってましたからね(笑)

そんな感じでしたから、いつも馬券を買った瞬間に、8割がたあきらめてましたね。

お世話になった馬で記憶に残ってるのはグラスワンダー、マヤノトップガン・・・。

忘れられないレースはダンスインザダークの菊花賞。
テレビ画面の外から追い込んできた末脚は衝撃的でした(@_@;)

一番好きだったジョッキーは田原成貴でした。

田原成貴って、ジョッキーなのにロックバンド組んだりしてました。
とにかくあのキザさ加減がたまらなく好きだったんですよね。
マヤノトップガンで菊花賞を勝った時、ゴール板を過ぎてから胸の前で十字を切って、
天に向かって投げキッスしたんですよね。あれはホントにカッコよかった(^-^)

かなりハマッてたのがバレそうですね・・・。
スポンサーサイト
コメント

田原騎手好きでしたね!競艇好きですたよね!マヤノトップガンは先行馬で菊花賞 有馬記念 宝塚記念 を制しましたね驚いたのは春天の後方から何かキター(*´Д`)=з織田裕二風に サクラロールとマーベラスサンデーを置き去りにした騎乗です!やっぱり何かやらかすようなオーラの出ている人で有りたいですね秋のG1も始まりますね勝ちましょう!

No title

島田家もまさにサラブレッドやね!
今週末に、秋競馬のG1第一弾!『スプリンターズS』が行われます。
またハマらんけ??

ぼっきさん、和菓子職人さん、ありがとさんです。お二人からはコメントをいただけると思ってました(笑)せめてG1レースぐらいはとも思うんですが、そこまでのプロセスも踏まえた上で予想したいじゃないですか。そうなるとまた毎日新聞読まなきゃならないですしね。復帰の時は職人さんに連絡しますね。ところでぼっきさんは今も現役なんですか?
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する