追悼

こんばんわ。

ジャイアンツが阪神に2連勝! 9連勝でゲーム差を1としましたね。
両チームの春からの勢いが、ここに来てひっくり返っている感じです。

リーマンショックがあり、MLBでは松坂が日本人投手史上最多の17勝達成、
イチローが1世紀以上ぶりの8年連続200本安打達成!

身近なところでは大門中学野球部は高岡地区新人戦、決勝戦で惜しくも敗退・・・。

いろんな出来事があったこの週の終わりに、高岡南高校時代の恩師、
吉川健治先生がご逝去されました。先ほどお通夜から帰ってきたところです。

吉川先生は高校時代、ラグビー部の監督の先生だったんです。
担任の先生よりももっと深い関わりを持たせてもらった先生でしたよね。

お通夜の間、高校時代の思い出が頭の中を駆け巡りました。

ラグビーっていうスポーツはケガ無しではあり得ないスポーツです。
自分も高校の現役時代には肋骨を折ったり、頭を打って脳震盪を起こしたり、
いろんなことがありました。そんな事がある度に先生には自宅まで様子を見に来て
もらいましたよね。

ある公式戦の初戦の前日、練習でフォワードの選手と激突して松葉杖をつかなければ
歩けないようなケガをし、チームのみんなに迷惑をかけたことがありました。
その夜も先生が自宅に様子を見にきてくださいましたが、先生に
「たとえどんなに素晴らしいプレーヤーであっても、試合の前日にケガをするような
選手はスポーツをやる者として失格だ」と言われたことがありましたね。
足の痛みと、悔しいやら情けないやらで眠れなかったことも思い出しました。

先生には国語の授業も受け持ってもらってたんです。部活の顧問という甘えた気持ちも
あったんですかねぇ・・・つまんないわけではなかったんですが、一番良く眠らせて
もらった授業でした。「しまだ!毛布持ってきてやろうか?」って起こされるんです。

試合中は興奮すると、とても国語の先生だとは思えないような、メチャメチャな日本語で
叫ぶんですよね。先生の写真を見ながら、そんな先生の声も思い出しました。

吉川先生、あなたは学生時代の、何人かしかいない恩師と呼べる先生の一人でした。

安らかにお眠りください。

合掌。
スポンサーサイト
コメント

吉川先生亡くなられたんですか。。。
直接教えて頂いたことはないのですが
One For All For One
の言葉をはじめ聞いたのは吉川先生からだったと思います。
使い古された言葉ですが自分の座右の銘にしています。
確か、当時吉川先生はトライしてのガッツポーズを禁止してましたよね。
別にトライした人間がエライワケじゃなくて仲間全員でつないだボールだからって。。。

寂しくなりますね。
慎んでご冥福をお祈りいたします。 合掌

不良公務員さん、いつもどうも。そーなんですよね。まだ66歳、自分のオヤジと同い年ですよ。なんでも去年ガンが見つかって、その時点ですでに手術もできない状態だったらしいです。まだまだこれからって歳なのに…。なんだか淋しいもんですね。

吉川先生ご冥福をお祈りしますやっぱり高校での思い出は部活,遊びとすごく鮮明ですね!今も凄く頑張れる様な気がします!行動してきた証ですね!今晩プチ同窓会がありましてエネルギーをもらいました!時は流れますが生きた証は消えません

明日はタックルやわさん、ありがとね。怖い先輩たちにもお会いしましたよ。タックル・セービング!って言うとった。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する