石油製品価格動向

おはようございます。


ギックリ腰の痛みからは解放されたものの、なんとなくまだ
本調子じゃないんですわ。

先週よりはずいぶんと良くなって、普通に歩けますし、車の乗り降り
だって全然大丈夫なんですけどね。

強いて言うなら、ギックリ腰になる前兆みたいなかんじかな・・・。

重いかんじと鈍い痛みがあってスッキリしないんですよね。

1回やっちゃうと後がタイヘンなんで、身体を鍛えるなりしてちゃんと
普段から予防しなきゃな・・・って思ってます。


昨日は富山県石油組合の理事会でした。

ここ最近はブログでも原油の価格動向のことばっかり書いてますが、
昨日の会合も値上げの心配一色ってかんじでしたね。

会議に集まってこられた役員の皆さんも一様に不安な気持ちを隠せない
表情で「どうなるんだろ?」って話していらっしゃいましたね。


毎日の報道でも皆さんよくご存知だと思いますが、リビアの問題を
中心とした中東・アフリカの政情不安が引き金なんですね。

昨日はNY先物市場でも100ドル超えの局面がありましたしね(@_@;


業界内の情報では、今週末の仕切り価格改定からは本格的な値上げが
始まるようで、恐らくは3月1日から全ての油種で店頭、配達を含め
2~4円程度の値上げになりそうなかんじです。

それでも3年前の暴騰時に比べると円高の分、多少は救われている部分は
大きいんですけどね。

それと・・・

3年前の時って、原油市場への投機資金の過剰な流入が暴騰の主な原因
だったんですが、今回のは政情不安ですからね、落ち着くタイミングって
もんがわかりやすいと思うんです。

一部に「リビアが原油生産を止めたら200ドル超える」なんていう
記事も見ますが、リビアだって収入を原油に頼ってる部分は大きい
でしょうし、生産を止めるなんてことは普通に考えりゃ無いでしょ。


そう言えば確か去年、「160円を超えたら暫定税率を一時的に止める」
って民主党政権が言ってましたよね。覚えていらっしゃいますか?

もう160円超えなんて・・・って思ってたんで気にもしてなかったんですが、
こんな状況が続くと若干現実味を帯びてきたりもしますからね。


あの法案てどうなったんでしたっけ?

まーた上手いこと言ってみただけって気もしますけどね(笑)


とにかく、お車のガソリン、灯油の配達は今週中がオススメです!

週末のご来店、心よりお待ちしていますね。


それでは、ステキな週末をお過ごしください~!


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する