ロックの日

こんにちわ!


今日は6月9日、「ロック」の日です!


その昔、高岡に「もみの木ハウス」ってライブハウスがあった頃、6月9日の夜は
高岡じゅうのロックバンドが集まってライヴイベントがあったもんです。

懐かしい・・・(^ ^)


日曜日から読んでたストーンズの本も一昨日読み終わりました。

結局はストーンズの結成時から「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」が
リリースされる頃までのバンドの歴史を、エピソードを交えながら紹介してた
だけでしたね。ストーンズ関連の本にはよくあるパターンです。

一応、「ジャンピン・・・」の内容についての著者なりの解釈については
「ふ~ん、なるほどね」とは思いましたけど。


若干期待はずれだったとは言え、久しぶりにストーンズの歴史を復習できました。


で、昨日、ストーンズのキースが凄い影響を受けたというロバート・ジョンソンていう
人のCDを買ってきました。

RJ.jpg

1930年代のブルースマンで、キースの他にもエリック・クラプトンをはじめ、
数多くのミュージシャンが影響を受けたって言ってます。


このCDが発売された頃、たぶんもう15年も前だと思うんですが、ブルース好きの
後輩に借りて1度聴いたことはあったんです。「一体これのどこがいいんだ??」
ってその時は思った記憶があります。

でもなんか、今回のストーンズの本を読み終えて、無性に聴いてみたくなったんです。

「ロックの日」だというのに、朝から車の中は「ど」ブルースです(笑)


27歳で他界したロバート・ジョンソンが生涯にレコーディングした29曲41テイクが
全て入ってるっていう2枚組のアルバムなんですが、もうやがて80年も前に録音された
音源なんで、哀愁漂う歌声とギターの音に混じって「サーッ」っていう雑音が入りっぱなし。

CDなのにね・・・(^ ^;

ま、よっぽど好きか、よっぽど興味のある人しかこんなんは聴かないでしょうけど。


自分、気に入ったアーティストやバンドのルーツを探るのが好きなんですよね。

そんなことしながらまた好きな音楽と出会ったりするんですが、逆に「な~んだ・・・」
と思って1回しか聴いてないCDもいっぱいあります。


ロバート・ジョンソン、以前に聴いたときよりも全然興味を持って聴いていられますが、
まだ今日の段階では本当の良さがわからないです。

ストーンズやクラプトンがカヴァーしてる曲は若干親しみを持って聴いていられる
んですが、なんだか全部同じ曲に聴こえちゃいます。かなりマニアックなかんじ・・・。

Amazonのカスタマーレビューを読んでても、「わからなくても聴き続けろ!」って
書いてありました(笑)


ブルースも嫌いではないんですが、どっちかって言うとロックが好きですからね。

理解できるようになるともっとストーンズにハマるのかもしれません(笑)


・・・でもやっぱ「ロックの日」なんで、午後からはロックを聴くことにしますわ。

天気もいいんで、スコーンとノリのいいやつで!
スポンサーサイト
コメント

ブラックビューティ

ロックの日といえば、かの有名なレスポールさんの命日なんだそうですわ
レスポールといえば鮎川のブラックビューティを思い出しますよね
最高カッチョイイですわ
ロバートジョンソン持ってますよ~

ヒロシ、コメントありがとう!

そうか、ヒロシ持ってたんやね。貸してもらえばよかった。

ブルースは深いね~
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する