夏の終わりに

こんばんわ。

お盆の大雨以降、一気に涼しくなってきましたね。夜には虫の声も聞こえますし、
秋がもうすぐそこまで来ているような感じです。

お盆明けの週、韓国へ出かけたりしているうちにオリンピックが終わっちゃいました。
今回もたくさんのドラマを観させてもらいましたが、開催国が中国だったばっかりに、
開会式での口パク騒動や、花火の映像が加工されていたなんていうことが
必要以上にクローズアップされていましたよね。

自分はかなり楽しませてもらいましたが、今回のオリンピックは時差が1時間しか
なかったじゃないですか。自分的にはやっぱり時差が8時間とか13時間とかあって、
寝不足になりながらオリンピックの期間を過ごしたほうがもっと実感できたと思うんです。
あの「時差ボケ」が4年に1度の醍醐味だと思うんですよね(笑)

で、今回一番驚いたのは、「人工増雨作戦」。

開会式の直前に、晴天を確保するために雲に化学物質入りのミサイル1104発を
打ち込んで強制的に雨を降らせていたんです。

中国当局は開会式直前のミサイル発射を公式に認めていますが、どうも大会期間中も
このミサイル作戦を行っていたのではないかとも言われてますね。
陸上競技開幕の日も雨の後に狙ったような快晴、閉会式直前の女子20K競歩は雨中
のレースとなり、出場した選手たちは「雨が汗よりしょっぱい」と感じていたそうです。

こんな時代ですからそのくらいのことができても不思議だとは思いませんが、晴天確保
の犠牲になる選手、競技があるというのは何とも腑に落ちないところです。
閉会式のためにレースが犠牲になる・・・。オリンピックの閉会式も大変なイベントですから
わからないでもないんですが、なんだか本末転倒ですよねぇ。

そういえば、オリンピックの閉幕と同時にサザンの30周年記念Liveも終わりました。
自分はどちらかというと洋楽の方が好きなんですが、サザンはずっと好きでしたね。
デビューしたのは自分が小学生の時ですから、リアルタイムで聴いてきました。
アルバムは「綺麗」まではLPレコードで持ってます(笑)
中学2年生の時「タイニィ・バブルス」のツアーで、今は無き富山市公会堂にサザンが
来たんです。友達と二人で見に行きましたね。今じゃ考えられないことですが、1階席
の入りは7割ぐらい、2階席はたぶん誰も入ってなかったんじゃないかと思います。

その次にサザンのLiveを観たのはちょうど10年前、浜名湖畔での野外コンサート。
今回のLiveもえらく長い時間の演奏だったみたいですが、この時も長かった記憶があります。

サザンの曲を聴いていると、昔の思い出がよみがえってくること、ありませんか?
自分はその曲、曲に思い浮かぶ情景や、その当時の感情が重なります。

やっぱりサザン抜きでは日本のミュージックシーンは語れませんよね!

今回はあくまで休止宣言ということ。1日も早く活動を再開させてほしいですね。

sas.jpg

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する