マニフェストありき?

おはようございます。

民主党政権による改革が次々とニュースになってますね。

昨日は空港の問題で森田知事が不満をぶちまけてましたね。
同じく空港の問題で、橋下知事も会見で不満をにじませてました。

民主党は「マニフェストの実現」に躍起になってますよね。

もちろんマニフェストを大々的に掲げて勝利したわけですから、
ちゃんとやってもらわないとダメなんですが、自分はこの前の
総選挙、「民主党が圧倒的に支持された」というよりも、
「自民党が国民の大多数にソッポを向かれた」結果なんだと
思ってるんですよね。

マニフェストを作った民主党にしてみても、マニフェストどおりの
日本を創るための犠牲までは検証してないでしょうし、八ツ場ダム
の問題1つとってみてもわかるように、それぞれの問題には
今日に至るまでの歴史だってあるはずなんです。

「言った以上は必ずやる」という姿勢はもちろん大切だとは思う
んですけどね。八ツ場ダム建設中止の影響を受ける地域の住民の
方々の気持ちを考えるとねぇ・・・。

何であれ、改革にはそれなりの痛みは必ず伴うもんです。それは自分も
わかっているんですけど、今の民主党政権にはなんとなくですが、
「何が何でもマニフェストありき」の姿勢を感じるんですよね。

このままの勢いが続くとちょっと危険な気がします。

突っ走ってるとこばかりが目立ってますからね、もう少し国民への
思いやりも上手に見せながらやった方が支持率も下がらないんじゃ
ないかな?(笑)

鳩山総理の政治信条は「友愛」ですからね~(^ ^)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する