最後の試合

こんにちわ。

朝から魚津桃山球場に、大門中野球部の応援に行ってきました。

平日なんですけど、保護者会の役員でもあるんで・・・。

中部日本大会出場をかけた県民体育大会の準決勝だったんですよね。

ホントは昨日、小矢部球場で準々決勝、準決勝が消化される予定
だったんですよ。準々決勝は息詰まる投手戦の結果、延長8回に
劇的な逆転サヨナラ勝利、そのままの勢いで準決勝に臨んだんです。

初回に1点先取していい流れだったんですが、2回裏、相手チームの
攻撃中に雨が降り出したんですよね。

だんだん降り方が激しくなっていくのに、審判は全くゲームを止めようと
しないんですよ。ボールは濡れて、ピッチャーなんてまともに投げれる
わけもなく、守ってる側の方が圧倒的に不利な状況だったんです。

「なんで中断しないの?」って他の保護者の皆さんと話してる矢先、
そーっとストライクを取りに投げたボールをはじき返され・・・。

4点入ってさらに1アウト1,3塁の場面でようやくゲームが中断。

daityuu726.jpg

結局再開できずノーゲーム、明日桃山球場で再試合ってことだったんです。

ところが今日の再試合、どうも腑に落ちないやり方なんですよね。

昨日の続き、2回裏1アウト1,3塁から試合を始めるって言うんですよ。

もちろん得点も1-4、3点ビハインドからのスタート・・・(@_@;)

大会規定には5回終了でゲーム成立とは書いてあったんですが、なんかヘン
だと思いません?少なくとも自分はこんな再試合は聞いたことがありません。

大会本部が決めたことなんで何とも言えないですけど、2回途中で雨天
による「ノーゲーム」なら翌日は最初からやるべきですよ、絶対に!

結果的に6回コールドゲームで負けちゃいました(><)

3年生にとってはこれが最後の大会だったんで、なんだか消化不良で
終わってしまうのが可愛そうでしたよね。

今日はウチの長男坊、早めに代打で出場機会をもらって、その後もファーストの
守備位置を任されてました。中学野球最後の試合に出場させてもらったことも
いい思い出になると思いますし、高校でもやってみようかな?って思ってる
気持ちを後押しするきっかけにもなったんじゃないかって思います。

ベンチを出て、監督の先生の話を聞きながらアンダーシャツの袖で涙を
拭く長男の姿を見て、自分もいろんなことが頭の中を駆け巡りました。

自分が大門中学3年のとき、この県民体育大会は決勝戦まで勝ち上がった
んですよ。決勝の相手は石動中学。勝てば中部日本大会だったんですが、
確か完封で完敗した記憶が今でもはっきりと残っています。

あのときは自分が最後のバッターだったんです。ボテボテのサードゴロを
打って、ファーストにヘッドスライディング・・・。

昨日、今日と、そのときのことを思い出しましたよね。

3年生のみんな、お疲れさま。この悔しさを高校でぶつけてくれ!
スポンサーサイト
コメント

最後の試合は色々な状況下で結果が出ます! ただそのルールは選手は納得いかないと思います(*´Д`)=з今後はそういう経験をした人達が経験を元に改善していくべきなのでしょうね!悔しいけど今後の人生に生かせると思いますよ

No title

ずるどんさん、ありがとうございます。
自分たちは高校総体、砺波高校との準決勝が最後の試合でしたよね。下馬評では圧倒的な優勝候補と言われていた相手に対しノーサイド直前まで2点差で勝ってましたよね。
負けた側にしてみたら何でも言いたくなってしまうのかもしれません。最終的にあんな負け方をしたから今でもこんなにハッキリと思い出に残っているのかもしれませんね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する