ENEOS 創エネハウス

こんにちわ。

創エネハウス、見てきましたよ!

仕入先のササジマ君と2人、交替で横浜までのドライブでした。

どんなトコにあるのかな?って思いながら行ってみたら、住宅街に普通に
並んで建ってる家。看板を見逃して一度通り過ぎてしまったくらい(^ ^;

kanban.jpg

まずは簡単な説明があって、実際の見学はイベントコンパニオンみたいな
女の子が解説をしながら案内してくれました(^ ^)

外観は、南向きの屋根に太陽光発電なんかのパネルが貼ってあるものの、
何の変哲もない最近のオシャレな家ってかんじだったんですが・・・。

paneru.jpg

コンセプトは「自然エネルギーと化石エネルギーのベストミックス」なんだ
そうで、家の外も中もすんごい仕掛けになってました。

自然エネルギーは太陽光による発電、給湯、空調に加えて、雨水利用の
ためのでかい地下タンクが埋めてあったり、窓から取り入れる風を家中に
循環させるために大きな階段があったり、地下には蓄熱材がたくさん
積んであったり・・・。

kaidan.jpg

tika.jpg

エアコンは建物の中に1つだけついてて、それだけで家全体の空調を
まかなおうって発想なんで、完全に仕切られている部屋って1つも無い
んですよ。2階には子供部屋もあるんですが、床の面に段差をつける
工夫がしてあったりするんですが・・・。

nikai.jpg

なんぼ家族だとは言え、これじゃプライバシーなんて全くナシです@_@;

外に回ってみるとこれがまた凄いことになってましたよ(^ ^;

sou-kiki.jpg

エネファーム(家庭用燃料電池)、ガス給湯器、蓄電設備、GHP・・・

写真には写りきってないですけど、見えてる部分だけで考えたとしても、
とても住宅用の設備じゃないと思いません?

1番驚いたのがこのモデルハウスの総工費、なんと2億数千万円~!

ENEOSのコンセプトを形にしたらこうなったのか、もしかしたらちょっと
大袈裟なくらいにアピールしたのかもしれませんけど、現実的に考えて
ちょっと有り得ないですよね。

見学後に職員の方が質疑に応答されてましたが、実際のランニングコスト
についてはかなり歯切れの悪い説明だったのが気になりましたね。

エネゴリ君のエネファームは今の能力を相当な域まで向上させないと、
コストの面では導入の効果を出すのは不可能ですね。

今回の見学は我が社でも燃料電池の販売を考えるための情報収集のつもり
だったんですが、コスト面を考えるとまだまだお客様に自信を持ってオススメ
できるシロモノではないということがわかりました(^ ^;

コストを抑えるのが目的じゃなくて、あくまで環境対策、温室効果ガス削減が
目的なのはわかってるんですが、今までよりコストが増えるとなると二の足を
踏んでしまうのが人間の心理だと思うんですよ。環境のことを考えながらも、
個々の負担するコストも下げれるようなモノじゃないとなかなか普及してこない
と思うんですよね・・・。

まあそれでも、エコと呼ばれる機器を集めて、その効果を増幅させるために
自然の力を取り入れる工夫もいっぱいあって、なかなか面白い見学でした。

創エネハウスに使われたデザインや機器の、どの部分から普及していくのか
まだわかりませんが、将来は当たり前になってるモノがこの中にきっとあるん
でしょうね。

興味のある方はENEOSのホームページをご覧下さいね~!

新日本石油
http://www.eneos.co.jp
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する