タイヤにご用心

こんにちわ。

今日も春らしいいい天気です。

SS店頭は黄砂の影響もあって、洗車が大忙しです。

夏タイヤへの交換作業は昨年に比べて動きが遅かったんですが、
今週に入ってずいぶんと作業が増えてます。ありがとうございます。

スタッドレスタイヤが磨耗してしまって、来シーズンはもう冬用タイヤ
としては役に立たないと思うと、「このまま履き潰すか・・・」って思われる
方、いらっしゃいますよね。実はこれがかなり危険なんです。

スタッドレスタイヤっていうのは、ゴムの柔らかさと溝の深さによって
雪上・氷上の走行性能を上げているわけなんですよ。各メーカーは
何シーズン履いてもゴムが硬くならないスタッドレスの開発にしのぎを
削ってるんですよね。

路面の温度って、夏場はかなり高くなります。さらに路面との摩擦によって
タイヤの表面は想像以上の高温にさらされるわけですね。真夏に高速走行
をしたときなんて凄いもんです。

ゴムが柔らかい分、そんな激しい熱によってタイヤが変形して破裂してしまう
可能性がかなり高くなってしまうんですよ。

溝を深く切ってあるデザインも夏場の使用には大きくマイナス。パターンが
大きくなってしまうぶん接地面積が少なくなって、路面との摩擦が少なく
なってしまうんですね。これがスタッドレスの履き潰しにスリップ事故が
多い原因なんです。

タイヤ交換の時期になると、今でも忘れられない出来事があります。

もう10年以上も前、自分がまだ大門SSの店長だった頃の話です。

お客様の息子さんが夏タイヤへの交換に来店されたんです。作業を始めようと
思ったらタイヤの溝がほとんど無いくらいに磨耗してたんです。

「これはさすがに危ないから・・・」って新品をオススメしたんですが、
「親に聞いてみるからとりあえずそのまま履かせて」って言われ、
至急交換が必要だということをお伝えして作業を済ませたんです。

その後も7~8回給油に来店され、いらっしゃるたびに交換をオススメ
してたんですが、いつもまた今度また今度って・・・。

そしてようやくご両親にお話されたのか、最初のオススメから数ヶ月経って
新しいタイヤを4本ご注文されました。

「今すぐに届くよ」って言ったんですが、学校があるから今度来たときにって。

それから数日後の雨の日にスリップ事故で電柱に激突、帰らぬ人に・・・。

そのタイヤを履き続けることの危険性は一生懸命お伝えしていたんですが・・・

今思っても悔やまれてなりませんね。

どこかのメーカーが「タイヤは人の命を乗せてます」というコマーシャルを
やってました。自分にはそんな経験がありますから、CMを見るたびに
その言葉が胸に浸みました。

タイヤなんて車には当たり前についている部品なんで、普段は何気なく
思っているものです。タイヤ交換のタイミングにぜひご確認されることを
オススメします。

溝があってもヒビ割れや変形しているタイヤも危険ですから注意してくださいね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する