アンサーソング?

こんにちわ。

今日も朝からたくさんの灯油のご注文をいただいてます。

ありがとうございますm(_ _)m

この時期の配達にはある特徴があります。

訪問する軒数はとっても多いんですが、トータルの出荷量は多くないんです。
お正月に灯油が切れると大変!っていう心理がお客様に働くんでしょうね(^ ^)
朝からそんなことで年の瀬が迫ってるのを感じてますよ。

配達しながら聴いてるFMも、今年1年を振り返ったような内容ばっかりに
なってきましたね。今朝の番組では音楽を振り返ってました。

「アンサーソング」っていうのが今年のキーワードの1つだって言ってました。

アンサーソング・・・。個人的にあんまり好きな言葉じゃないですね。

「いい歌だな・・・」と思っても「○○のアンサーソング」って聞くだけでガッカリしてしまいます。

ある楽曲への返答という意味なんでしょうけど、対象となってる曲っていうのは
大抵の場合はヒットした曲。その対象となった曲を好きな人は、当然その
「アンサーソング」にも興味を持ちますよね。「2匹目のどじょう」を狙ってる
ように感じてしまいます。

ミュージシャンって、どれだけ聴く者の心に訴えることのできる詩やテーマで
曲を作れるかっていうもんだと思うんです。アンサーソングという類のモノって、
まず曲のテーマが決まってる状態からスタートするわけじゃないですか。
そしてもちろん題材は、対象となったヒット曲がテーマとしたものですよね。

虎の威を借る狐というか、二番煎じというか、他人のふんどしで相撲を取るのか・・・

あ、アンサーソングの好きな人、ごめんなさいね。あくまで個人的な意見ですから。

なんでも、自分の作った楽曲の「続編」みたいなかんじでアンサーソングを作ってる
人たちもいるらしいですね。ドリカムとかもそうらしいんですけど、もしかしてネタ切れ
なんかな?

そのうちアンサーソングの「アンサーソング」なんてのも出てくるんですかね?

もしかしてもう出てるのかな??

自分は日本のミュージックシーンのこんな風潮を憂いてしまいますね。

同じくこの年末のFMでやってた映画の特集でBig Newsをゲット!

ストーンズのライブドキュメント映画「Shine A Light」、1月24日からの1週間だけ
ファボーレで上映されることになったんだそうです(^ ^)v

もうDVDでは何度も見ましたけど、でかいスクリーンで見たかったんで楽しみです!

さて、今日からお休みという方も多いんではないでしょうか。

シマダ商事は31日、大晦日まで営業しています。
配達も通常どおりやってますのでよろしくお願いします!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する