FC2ブログ

遺伝?

こんにちわ。

昨日、大門中学校2年生の長男が、生徒会長選挙に当選して帰ってきました。

実は自分も大門中学校3年生の1年間、生徒会長を務めさせていただいた経験があるんです。

なんだかヘンなところが似るもんだな・・・と思いましたよね(^ ^)

長男坊、生徒会の活動は1年生の後期から続けて、3期目での会長なんですよ。

ちょうど1年前、「オレ、生徒会をやってみたいんだけど・・・」という長男に、
「興味があるならやってみれば?でも生徒会に取られる時間を言い訳にするなよ。」
とだけ父親としてアドバイスしたのですが、まさか生徒会長にまでなるとは・・・。

彼にとって生徒会の活動は、学校生活の中でもかなりウエイトの高いものらしいんです。
本人いわく、「まず何よりも、部活以外の先輩たちとも仲良くなれる」のがいいんだとか。

確かに楽しく遊ぶ時間だけ一緒にいるわけじゃなくて、いろんなことを一緒になって
考えて企画したり、実行したり、そんな中で辛いことや苦しいこと、達成感を共有した友達関係
というのはまた特別なものになりますからね。それは自分自身も学生時代のクラブ活動や、
JC、商工会青年部活動、もちろん仕事を通じても経験していることです。

自分の場合、何がどうだったからと具体的な説明はできませんが、今思うとそれはそれで
素晴らしい経験をさせてもらったと思いますし、生徒会活動を通じていろんなことを
学べたんだと思います。

実は一昨日、大門中PTAの全体委員会があったんです。終了後、幼なじみの浅美ちゃんと
玄関のところでしばらく立ち話してたんです。昔と変わらない校舎やグランドを眺めながら、
中学校時代の思い出話に花が咲きました。当時の生徒会のことなんかも話題になって・・・。

今年はお盆に中学校の同窓会をやったのもあり、ちょうど長男坊が中学生でもあり、
そしてまた自分の中学生時代と同じ野球部だったり、生徒会長にもなったり・・・。
自分の中学生時代に纏わることを、思い出したり、考えたりすることが最近多いです。

やる以上は応援してくれた友達の気持ちを裏切ることなく、一生懸命にがんばって、
いろいろなことを感じながらまた一つ成長してくれればいいなぁ・・・と思います。