FC2ブログ

至福の時間

おはようございます。

アフガニスタンで伊藤さん殺害という、痛ましく、許せない事件がありました。

「アフガニスタンのために」という、純粋で尊い気持ちを、行動を踏みにじった
タリバンの行為に、強い憤りを感じています。

「残念な結果になったが、息子は自分の意思を貫いて・・・」
気丈にインタビューの受け答えをされていたお父さんの心中を察し、涙が出ました。

このような理不尽な事件が二度と起こらないことを願い、
伊藤さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


さてさて、昨夜はバンドの練習でした。

TSF.jpg

メンバーは左からG:ひろし、Vo&G:サトル、B:ヒロシで、Dr:私の4人。

『The Star Fucker』っていうバンド名は、ローリングストーンズのナンバー
「Star Star」の歌詞からの引用、意味は・・・説明しません(笑)
サウンドは、シンプルでストレートなROCK! 

ギターのひろしとベースのヒロシは同級生。ひろしとは学生時代に、ヒロシとは社会人に
なってから一緒に演ってた親友で、サトルは昔からの後輩。

40も過ぎると、バンドやろうって話になっても、ただ好きな音楽が同じだったり、
楽器が上手だという理由だけでは集まれないものです。
「一緒にバンドを組んでる」という付き合いは、そこだけじゃなくて、仕事の話だったり、
仕事以外でもいろいろな話を同じ感覚でできる仲間たちとしたいものです。
今のバンドはまさにそんなメンバーたちの集まり。
もちろんこの歳になるまで楽器を触ってるわけですから、みんなの腕もそれなり、
だいぶサウンドにもバンドとしてのノリが出てきました。

バンドの練習をしてる間って、自分にとっては他のことを考えない唯一の時間。
本来、趣味ってそういうもんだと思うんです。早く仕事を片付けて、どうしても
それをやるために、それをやりたいために時間を作る・・・。
そう考えると、自分が趣味だと思っていることの大半は「好きなこと」ぐらいの範疇
なのかもしれません。ドラムは間違いなく「趣味」の域です。

最近はオヤジバンドブームなんだそうで、若い頃に手の届かなかった
ギブソンだわフェンダーだわってギターを買って、バンドを楽しんでる中高年が
増えているらしいですね。自分たちはそんなノリとはちょっと違うと思うんですが・・・
人が見たらきっと同じなんでしょうねぇ(笑)