FC2ブログ

爆裂都市

おはようございます。


Amazonに注文してあったDVDが届きました。

baku.jpg

石井聰互監督、爆裂都市(Burst City)という映画。


ゴールデンウイーク中に、スターリンの遠藤ミチロウが死んだっていうニュース
を目にして、ネットでミチロウのこと検索したり、YouTube見たりしてたんです。

そしたらこの爆裂都市がひっかかってきて。


爆裂都市って確か自分が高校生の頃の映画で、主演は陣内孝則。

当時は”ロッカーズ”の陣内孝則で、ロッカーズからは他にも鶴川仁美も出て
たり、ルースターズの大江慎也や池畑潤二が出てたりで、遠藤ミチロウ率いる
スターリンも映画の中では”マッドスターリン”という名前のバンドで出演。

ライヴシーンあり、カースタントあり、暴力あり、当時の石井聰互監督の
世界観がそのまま映し出されている映画なんです。



全編ロックンロールサウンドの中でストーリーが展開していくんですね。

ストーリーって言っても、何がなんだか全くわからないんです(笑)

セリフも全く聞き取れないし、叫んだり暴れたりしてるだけ(笑)(笑)



石井聰互監督の映画としてはこの爆裂都市の他に”狂い咲きサンダーロード”
ってのがよく一緒に紹介されるんですね。そっちは暴走族を描いた映画で
これまためっちゃくちゃでバイオレンスな映画。

”狂い咲きサンダーロード”は過去に見てるんですが、爆裂都市って断片的
にしか見たことがなくって、ミチロウも亡くなったし、この機会に見ておこうかな
と思ってね。

実はこの映画のサントラがあって、サントラは高校生の頃から大好きな
アルバムで、今もiPodに入ってます。


ライヴシーンはやっぱりカッコ良かったですけど、とにかくあまりにも内容が
ハチャメチャで、終盤はもう笑うしかなくてね。

笑うシーンじゃないんですけど、おかしくて一人で笑いながら見てました(笑)



高校生の頃にカッコいいなーって思ってた映像というか、風景というか、そんな
懐かしいキモチで見た約2時間の映画でしたけど、全くオススメしません(笑)

ま、自分にとっては青春時代の忘れ物を見つけたような、そんなかんじでしたね。




さてさて、この週末は暑くなりそうです。

天気予報では土曜、日曜の最高気温が32度!

体調管理に気を付けて、ステキな週末をお過ごしくださいね。




スポンサーサイト



感涙

おはようございます。


昨日、Amazonに注文してあったCDが届きました。

sas19.jpg

サザンオールスターズです♪



小学生~中学生の頃、近所の2つ上のセンパイたちにくっついて
遊んでたんです。マセガキばっかり、5人ぐらいいたんですけど毎日の
ようにセンパイの家に遊びに行ってた記憶があります。

今思うとよく自分もあの中に混ぜてもらって一緒に遊んでくださったなって
思いますね。子供の頃の思い出はセンパイたちとのことが多いですし、
自分のその後の人生にも大きく影響してると思うんですよね。



で、そのマセガキのセンパイたちがサザンにハマったんです。

どのセンパイの家でも否応なしにサザンを聴かされるわけです(笑)


そんなかんじで自分もサザンには自然とハマっていったんですね。



中学生~高校生の頃はホントに良く聴きましたけど、大学生になって、
パンクやルーツロックなんかに傾倒し出した頃からはあんまり聴かなく
なって、シングルになった曲ぐらいしか知らなかったですね。

なのでアルバムで言うと「Nude Man」か、ギリギリ「綺麗」あたりまでが
自分にとってのサザンなんですよね。

なんだか無性に聴きたくなって、1st「熱い胸さわぎ」から「綺麗」までの
6枚買ったんですよね。この6枚、LPレコードでは持ってるんですけど、
我が家にCDが無いってことは、自分にとってはCDで買い直すほどでは
なかったってことなんでしょうね、サザンのCDは「バラッド」と「海のYeah!」って
ベストアルバムがあるだけ。

昨日は「綺麗」と「ステレオ太陽族」を除く4枚が届いたんで、1stから順番に、
一気に全部聴きました(^ ^)



サザンの曲って、昔あったいろんな出来事を思い出させてくれます。

当時はそのくらいに聴いてたってことなんでしょう。



自分のNo.1は「Nude Man」。

昨夜はOH!クラウディアを聴きながら懐かしさや印象的なメロディに、
少し涙が出ました。


サザンって唯一無二の独特なジャンル、独特なスタイルですね。

自分にとってもちょっと特別な存在です。

残りの2枚が待ち遠しいですわ♪



新しい週の始まり、肌寒い雨の朝になりましたが張り切っていきましょう!



昨日は・・・

おはようございます。


新年会のピークだった先週をなんとか乗り切りました。

日曜日に開催した我が社の新年会を皮切りに、土曜日まで毎晩は
さすがに疲れましたね。

2月まで新年会の予定はありますが、残すところあともう少し。

ま、この時期はしょうがないですね。



さて昨日、一緒にバンド組んでるサトルと映画を観てきました。

ecm_20190121080147c10.jpg


音楽の映画ですけど、今話題になってるボヘミアンラプソディーではなく、
エリック・クラプトンの自伝的ドキュメンタリーを。

お客さんは自分たちを含めて10人ほど(笑)



クイーンはね、曲は知ってますがあんまり聴かなかったですね。正直言うと
今回の映画のタイトルにもなったボヘミアンラプソディーなんてめちゃめちゃ
ヘンな曲だと思ってましたからね。

ビジュアルも自分的にはお世辞にもカッコ良いとは言えません(笑)

映画がヒットしたからといって今さら興味が湧くもんでもありませんね。

少しひねくれてるところがあるので(笑)これだけ騒ぎになると余計に観たく
なくなってしまうんですよね。ホント、全く興味がありません。



エリック・クラプトンは7回ぐらいライヴ観てて、好きなアーティストの1人です。

ボヘミアン・・・は、クイーンをよく知らなくても楽しめる映画だって聞きますけど、
昨夜のはクラプトンが好きか、もしくはクラプトンに興味があるか、でなければ
少なくともブルースが好きな人じゃないと堪えられない2時間だと思いますね。

面白かったか?・・・って聞かれると自分もね・・・。


以前にエリック・クラプトンの自叙伝を読んだことがあって、「ダメな奴」なのは
知ってたので新鮮なかんじはしませんでしたね。クラプトン=アカン奴ってのを
再確認したかんじ(笑)

なんかね、波乱の人生から彼を救ったのはギターと音楽だった・・・みたいな
調子なんですけど、いつも波乱を引き起こしてるのはクラプトン自身なんで、
言ってみれば自業自得の連続なんです。ま、息子が転落死したのは不運だと
思いましたけど、それ以外のハナシは同情の余地なし(笑)そんなことを
美談にされてもな・・・ってかんじ。

ほんま、アカン奴でした(爆)

ただ、こんな映像が良く残ってたなーって思うシーンが満載で、古いライヴや
レコーディングの映像なんかは凄く良かったですね。

当時のオンナもバンバン出てくるし(笑)

ま、それなりに楽しんできましたよ(^ ^)



さあ、今日は久しぶりに雪になりましたね。

寒い1日になりそうですが皆さん体調をしっかり管理してお過ごしくださいね!



いい映像でした(^ ^)

おはようございます。



・・・今度は解散総選挙なんですね。

あーなんかこんなに好き放題やってる政権もね。。。

国民に説明しなきゃならないこと、たくさん残ってんじゃないですか。

せめてそれやってからでしょ。呆れて物も言えません。



さてさて昨夜は連休前にAmazonから届いてたストーンズのDVDを。

stf.jpg

最近のストーンズ、From The Vault っていう未発表の映像シリーズで
儲けてるんですね。

もう何作か発売されてて、発売されるたびについつい買ってしまいますが、
今回は2015年ツアーのウォームアップギグの映像。

しかも大好きなアルバム”スティッキー・フィンガーズ”収録曲を全曲演奏
したステージの映像ってことで自分的には買わざるを得ませんでした(笑)


ストーンズと言えばスタジアムで何万人もの前で演奏してる姿が印象的
なんですが、今回のはウォームアップということでキャパの小さいホール
なんですよね。これはこれで凄く良くて、バンドとしてのいろんな表情を
見せてくれます。

ほぼライヴで演奏したことの無い曲があったりして自分たちのような
コアなファンにはたまらない1枚でしたね。コレは良かったです(^ ^)

そこそこ好きな方も楽しめますよ~♪


爽やかな朝になりました。今日も1日頑張っていきましょう!




シナロケ♪

おはようございます。


ずいぶん涼しくなりましたね。

9月に入ってめっきり秋らしくなりました。

昨日は仕事終わってスマホを見たら嫁さんから「ビールないよ」って
LINEが入ってたのでコンビニに寄ったらキリンの秋味を発見。

いつもはサッポロを買うんですけどね。

秋味、ちょっと苦みが強くて好きなんです(^ ^)

秋限定じゃなくて年中売ればいいのにって思うんですけど、秋だけ
ってのがいいんでしょうね。しばらくは秋味です!



最近はブログのネタにしたい出来事が多いんですがなかなかPCに
向かう時間が無くて。。。



先週末のこと。

富山のサマーナイトでシーナ&ロケッツのライヴを観てきました♪

2014年9月の野音以来なので3年ぶりですね。

sr171.jpg

シーナが亡くなって初めて観るライヴだったんでどんなかんじなんだろ?
・・・って思ってたんですけど、結局シーナが抜けただけで全曲3人での演奏。

昔シーナが産休してた頃の、いわゆる”ザ・ロケッツ”状態ですね。

セットリストも鮎川先生がヴォーカルとってるロックンロールナンバーが中心。

鮎川先生のギターは相変わらずキレまくり!


終盤はシーナが歌ってた代表曲を鮎川先生が歌ったり、中学生の頃から
大好きだった曲を演奏してくれたり、感涙モノでしたね。

3回観たライヴの中では1番良かったかもしれません。


で、ライヴの後はお決まりでこんなかんじになります。

sr172.jpg

とても69歳とは思えない鮎川先生にエネルギーもらってきました(^ ^)



俺もがんばろ。