FC2ブログ

温故知新

おはようございます。


今朝、出社したらアマゾンから自分に荷物が届いていたんです。

ここ数日ポチッた記憶が無いんで、ん???・・・何買ったんだっけな?
って思いながら箱を開けてみたら。。。

ghs.jpg

予約注文してあったローリング・ストーンズのCDでした♪


1973年リリース”山羊の頭のスープ”っていうアルバムのリマスター版、
今回自分が買ったのは”スーパーデラックスボックス”ってやつで、
CDが3枚、ブルーレイが1枚。

アルバムそのものはモチロンもうずいぶん前から聴いてるんですが、
未発表曲が3曲入ってるので買わなきゃならなくなっちゃうんです。

コレ、最近のローリング・ストーンズの常套手段ですねぇ。

嫌いなアルバムではありませんし、リマスター版を聴くと今まで
聞こえてなかった音が聞こえたりするので、若干楽しみではあります。


1973年て、ストーンズのライヴが絶頂期だったって言われてて、
ちょうどその頃の”ブリュッセル・アフェア”っていう有名な音源が
あるんですよね。

”デラックスエディション”ではなくって、”スーパーデラックスボックス”
を選択すると今回ソレが入ってるんです。

そうなると”スーパー~”を買わなきゃならなくなっちゃうっていう、
ストーンズ好きの心理を上手くついたミックのヤリクチにまんまと
乗せられてしまいました(笑)


17,918円。。。

コレが高いか、安いか、この週末にしっかり判定したいと思います。



それでは皆さん、素敵な週末を!





スポンサーサイト



お気に入り~v(^ ^)v

おはようございます。


ギターアンプを買いました~(^ ^)

am1.jpg

カワイイでしょ?

ヤマハのTHR10Ⅱっていうモデルのワイヤレスタイプです。

am2.jpg

ギター側のトランスミッターはこんなかんじ。


ちっちゃいアンプなんですが、スタイリッシュで部屋に置いてもカッコいいし、
ダイヤルを回すだけでいろんなエフェクトができて楽しいんですよ♪



ギターアンプらしき物は自分の部屋の中だったり、普段使っていない部屋
の隅っこだったり。。。高校生の頃から我が家のどこかにいつも置いて
ありましたけど、全部借り物(笑)

ギターアンプを自分で所有したのは、実はこれが初めてです。


最近はすっかりギターにハマってる長男坊、函館から引き揚げてきた時に
フェンダーの、結構デカいアンプを連れて帰ってきたんですよ。

長男坊の部屋に行って、アンプ鳴らしてギター弾いてるとやっぱ楽しくてね。

最近家にいることも多いしな・・・って思ったりして、お手頃なヤツを選んで
みました。

その昔、一緒にバンド組んでるサトルには、アンプ繋いで練習しないと上手く
ならないよって言われたこともずっと記憶に残っていましたしね。



自分程度がギター鳴らすならこれぐらいで十分。


そもそもオイラはドラマーですから(笑)



最近ハマってること♪

おはようございます。


毎日つまんなくて、もうウンザリですよね。

自粛だ、要請だってのが少しづつ緩和されていくみたいですけど、また
感染者が増加していくことにならなきゃいいですよね。


さてさて今日は最近自分がハマっていること。

レッド・ツェッペリンです♪

ツェッペリンというよりも、正確にはジミー・ペイジですね。

エリック・クラプトン、ジェフ・ベックと並んで世界3大ギタリストと呼ばれた
ギターヒーローです。

jp1.jpg

こんなに低いポジションでレスポールを弾きます。

ホント、マジでカッコいいっすね。


ロック大好きの自分ですが、ツェッペリンて実はサラッとしか通ってなくて
ですね、正直この歳になって初めて心に刺さったというか、なんで今まで
このカッコ良さに気づかなかったんだろ?・・・って思うと、自分でもホントに
不思議なんです。

・・・って、これまでもカッコいいとは思っていたんだと思うんですけど、その
度合いというか、なんというか。。。


アルバムは持っていましたから、曲もモチロン一通り知っているんです。

メンバーのことだって良く知ってます。ボンゾが使ってたのと同じモデルの
スネアドラムを買ったこともありますから。

でも、こんなにハマったこと無かったんです。

ここ最近はまさに温故知新な毎日なんですよね。


原因は恐らく中学生時代。

当時は洋楽のジャンル別けも良くわかってなかったと思うんですけど、
ディープ・パープルとレッド・ツェッペリンて、70年代ハードロックの双璧
なんだってことはわかっていたんです。

パープルとツェッペリンてなんとなく「どっちか派」みたいな関係性なんだと
思い込んでて、それこそビートルズ派とストーンズ派みたいにどっちかに
寄ってる方がカッコいいもんなんだって思ってたような気がします。


で、自分の周囲がみんなパープルを聴いてたわけですよ。

そうなると必然的に自分もパープルを聴く・・・ってかんじ(笑)



今回のキッカケは毎晩家にいて、テレビ見ててもつまんない番組しか
やってないし、YouTubeを見るようになったんですよね。

そしたらたまたまハートが「天国への階段」をツェッペリンのメンバーの前で
演奏したときの映像を見つけたんです。

コレが実に感動的だったんですよ。

↓コレです
Stairway to Heaven/Heart

演奏も感動したんですけど、ステージを見ているツェッペリンのメンバー
たちの表情というか、雰囲気というか、そんな部分にも反応してね。

言ってみればこの動画が全ての始まり。

クルマの中はここ数日ツェッペリンしか聴いていませんし、家にいても
ツェッペリンの動画観てるか、ギター触るとツェッペリンの曲弾いてみたり(笑)
ホントに単純でどうにもならないですね。。。自分(笑)


ジミー・ペイジ、最近は46歳も年下の彼女と一緒に暮らしてるんだとか。

やっぱロックスターです(笑)


これまで何とも思わなかった曲の良さに気が付いたりもしていますし、こんな
時期なんでね、しばらく楽しめる事が見つかって良かったかもしれません。



今日もいい天気になりました。

気温も上がりそうなので体調管理に気を付けて、頑張っていきましょう!



出逢ってしまった・・・。

おはようございます。




ついに見つけました。

そして、買ってしまいました。


じゃ~ん!

tc1.jpg

テレキャスターカスタム!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



昨日の朝、届いたんです。

一日中弾いてて、今日は左手の指先が痛いんですよね(笑)



実はずーっと長い間、白いテレキャスターカスタムに憧れてて、
思い出すとネットで探したりしてたんですよね。

1972年から10年間ぐらいしか製造されてないモデルで、モノホンの
ヴィンテージでコンディションの良いモノとなるととんでもない値段が
ついてて、ちょっと手が出ません(><)

そもそもテレキャスターカスタムの白って個体数がめちゃめちゃ少ない
んですよね。黒とかサンバーストとかは結構見かけるんですけどね。

白ってもしかしたら当時は特注色だったのかなー??って思ったり。



で、今回見つけたのはフェンダーカスタムショップが2013年に製造した
’72 リイシューモデル。

tc2.jpg

中古なんですけどね、めちゃめちゃキレイなんです。

前のオーナーが全然弾いてなかったのか、もしかしたら長い間
お店に置いてあったのか。。。

オリンピックホワイトが焼けた色を再現してあるんだと思いますが、
若干ブロンドカラーっぽくて、コレはコレでいいかんじ(^ ^)



ギターにはちょいとうるさいウチのバンドのサトルに言わせると20世紀
に作られたギターじゃないとダメなんだそうで、ちょうど2000年頃を境に
木の材質が悪くなってるらしいんですね。

今回のはカスタムショップ製なんでね、問題無しでしょ。




カスタムショップ製のギターには証明書がついてくるんですよね。

tc3.jpg

こんなやつです。


クローゼット・クラシックって何だろ?と思って調べてみると、押入れに
長い間保管されていた新品のようなかんじを再現してるんだとか。



いやーとにかく嬉しいですねーv(^ ^)v

しょーもないギターしか持ったことなかったんでね。



バンドではドラム担当なんですけど(笑)

ま、しゃーないっす。



久しぶりにギターの練習してみようかなーって思ったりしてます。



今日も頑張っていきましょう。

ではっ!



爆裂都市

おはようございます。


Amazonに注文してあったDVDが届きました。

baku.jpg

石井聰互監督、爆裂都市(Burst City)という映画。


ゴールデンウイーク中に、スターリンの遠藤ミチロウが死んだっていうニュース
を目にして、ネットでミチロウのこと検索したり、YouTube見たりしてたんです。

そしたらこの爆裂都市がひっかかってきて。


爆裂都市って確か自分が高校生の頃の映画で、主演は陣内孝則。

当時は”ロッカーズ”の陣内孝則で、ロッカーズからは他にも鶴川仁美も出て
たり、ルースターズの大江慎也や池畑潤二が出てたりで、遠藤ミチロウ率いる
スターリンも映画の中では”マッドスターリン”という名前のバンドで出演。

ライヴシーンあり、カースタントあり、暴力あり、当時の石井聰互監督の
世界観がそのまま映し出されている映画なんです。



全編ロックンロールサウンドの中でストーリーが展開していくんですね。

ストーリーって言っても、何がなんだか全くわからないんです(笑)

セリフも全く聞き取れないし、叫んだり暴れたりしてるだけ(笑)(笑)



石井聰互監督の映画としてはこの爆裂都市の他に”狂い咲きサンダーロード”
ってのがよく一緒に紹介されるんですね。そっちは暴走族を描いた映画で
これまためっちゃくちゃでバイオレンスな映画。

”狂い咲きサンダーロード”は過去に見てるんですが、爆裂都市って断片的
にしか見たことがなくって、ミチロウも亡くなったし、この機会に見ておこうかな
と思ってね。

実はこの映画のサントラがあって、サントラは高校生の頃から大好きな
アルバムで、今もiPodに入ってます。


ライヴシーンはやっぱりカッコ良かったですけど、とにかくあまりにも内容が
ハチャメチャで、終盤はもう笑うしかなくてね。

笑うシーンじゃないんですけど、おかしくて一人で笑いながら見てました(笑)



高校生の頃にカッコいいなーって思ってた映像というか、風景というか、そんな
懐かしいキモチで見た約2時間の映画でしたけど、全くオススメしません(笑)

ま、自分にとっては青春時代の忘れ物を見つけたような、そんなかんじでしたね。




さてさて、この週末は暑くなりそうです。

天気予報では土曜、日曜の最高気温が32度!

体調管理に気を付けて、ステキな週末をお過ごしくださいね。